スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風薫る五月

タイトルにした風薫る五月

このフレーズ(時候の挨拶)が何となく好きなんです。

他にも高校生の時、古典の授業でした徒然草の序文(序段)

つれづれなるままに 日暮らし 硯にむかひて
心にうつりゆくよしなしごとを
そこはかとなく書きつくれば 
あやしうこそ ものぐるほしけれ


言葉の流れがとても好きです。

こちらの方言で「とぜん(徒然をそのまま読む)なか」と言うと

寂しいとか退屈な」なんだそうです。


もう一つ中学生の時の歴史の資料集に載ってた防人の歌

韓衣(からころむ) 裾にとりつき泣く子らを 
      おきてそ来ぬや 母(おも)なしにして


何故だか、今でも忘れられない歌なんです。

気持ちの赴くままに、とりとめのないことを書いてみました

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。